final approachU

アクセスカウンタ

zoom RSS 成都−上海(悲惨)

<<   作成日時 : 2011/07/27 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

帰りのフライトは2時10分発のMU(東方)
どうしても7時までには上海に戻る必要があり
1時間は遅れを見込んで選んだのだが・・・
やっぱり鬼門のMUでした。

搭乗開始はほぼ定刻の1時50分。
機内に入ると暑い!以前にもあったが
まさか冷房をケチっているなんてことはないだろうがとにかく暑い!
あちこちで緊急時のパンフレットでパタパタ。
CAに冷房を問い合わせる客もいる。

全員の搭乗が終わっても案の定動き出す気配が無い。
しばらくするとCAのアナウンス。なんでも
「搭乗は済みましたが、荷物の積み込みにもうしばらく時間がかかります」とのこと。
。。。。
空調に関する苦情はいたるところで聞かれたが
1時間近くそのまま放置。さすがにCAに食ってかかる人が増えてきた。
「冷房が利いてないやないか!」
「いつ出発するんだ!」

CAの答えは地上に停まっているときは冷房が効かないんですって。

嘘こけ!!
どこに地上で冷房の効かない旅客機があるんや!APU動いてるやろ!
大きな送風音はするものの外気を入れてるだけ。
1時間を過ぎるころは送風の音もしなくなり・・・

その頃の信じられない写真がこれ。
画像

少々見にくいが、PBBが離れたその場所に停まったまま、
前方の明るいのは機体中央の両方のドア全開!
機体後部のドアも左右全開。
目を疑う光景だが・・・マジで風通しを良くしようとか、お猿さんなみのこと考えてる?

たぶん機内温度は40℃近い。
至る所で「下ろせ!」「機体を変えろ!!」「乗り継ぎに間に合わない!」の声に混じり
「金返せ!」「賠償しろ!」のどなり声は中国ならでは?

やっと機長がぼそぼそとアナウンス。
「荷物の積み込みを待っているので、空港の問題で、航空会社(自分たち)の問題じゃない。
どうしようもない」ってな内容だったらしいが、空調に関しては説明なし。
一斉に機長に対する非難で収拾がつかない状態に。
機長「そんなこんなで、あと15分で離陸します」
ほぼ15分がたった頃、
「荷物の積み込みが遅れあと15分で・・・・」
客室の怒りは最高潮。何度目の15分だ!!機長出てこい!状態。

結局1時間40分ほど灼熱の機内に閉じ込められ
例によって何の連絡もなく突然プッシュバック。
メインエンジンが動けば冷房が利くかと思いきや
溜まっていた熱風が噴出して更に暑い!
隣でブツブツ言いながらも大人しかった兄ちゃんも
「越来越熱・・・」教科書通りの中国語。

空調が効かないのは、はたして故障か不具合か。

基本、どこの航空会社も一緒だけど、特に特に
止むを得ない場合を除いてMUには乗らないと(再度)心に誓ったのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その後機内は涼しくなったのでしょうか。中央部分に液晶、2-4-2配列でしたら、A330ですか?以前国航のB757でエアコン不具合経験あります。成都で火鍋のアップとおもいきや、MUネタなので、よっぽど暑かったと察します。
香港胖胖
2011/07/28 13:29
機材はA300-600で少々古いことは事実です。
上空は氷点下ですから問題ありませんが
上海まであの状態だったら吐いてます。
まだワイドボディー機だったのでマシですが
B3とかA319,320と思うとゾッとします。
kalam
2011/07/28 14:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
成都−上海(悲惨) final approachU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる